シミ・そばかす・くすみ予防には日焼け対策から!

日焼け対策

シミ対策には日焼け止めが大切

日差しが強い季節にはつい良い天気に誘われて屋外で過ごしたくなることも少なくありません。

しかしそのようなときに気になるのが、日焼けによるシミ・そばかす・くすみなどです。

日光に含まれる紫外線を避け、できるだけお肌にダメージを与えないためには、日焼け止めを活用してシミ対策をすることをおすすめします。

日焼け止めにあるSPFとPAとは?

一般的に売られている、肌が日に焼けることを防ぐ化粧品に「SPF」や「PA」という表示がされているのを見たことがある人は多いでしょう。

さまざまなタイプのものが一般的に売られていますが日焼け止めを購入するときには、これらの値をチェックして選びます。

SPFとは?

SPFとは「Sun Protection Factor」の略で「紫外線防御指数」を意味します。

この値は紫外線を浴びた後、皮膚が赤くなるまでにはどの程度の時間がかかるかを示しているのが特徴です。

SPF1の場合は約20分ほどを意味していて、この値が大きいほど遅らせる効果が高くなります。

日常生活の場合にはSPF10ほどのものでもよいですが屋外で運動をするのなら30、海水浴のときには50が適しています。

PAとは?

一方「PA」は「Protection Grade of UVA」のことで、UV-Aとも呼ばれる紫外線A波を防御する効果のことです。

日に焼けたあとに黒くなることを防いでくれます。

「PA+」から「PA++++」までの4つの分類があり「+」の数が多くなるほど、紫外線A波の影響を防ぐ効果が高くなります。

肌に塗るものは負担がかかるものもある

このようなことからシミ対策をするために紫外線を避けるには、紫外線防御指数や紫外線A波を防御する効果の高い製品を使用するほど肌を日に焼けさせない効果が期待できます。

しかしこのような成分は肌に負担をかけてしまうこともあるため、むやみに値が高いものを選べば良いというものでもありません。

肌のことも考えて選ぶなら海水浴のときには効果の高いものを使い、普段は値の低いものを使いつつ衣類や日傘などを併用するといった方法がおすすめです。

日焼け止めのタイプとは?

最近売られている日焼け止めはクリームタイプのものだけでなく、ローションタイプやパウダータイプのものなどもあります。

そのため好みに合わせて使いやすいタイプのものを選ぶと良いでしょう。

シミ対策をするのなら、顔はもちろん腕や手の甲などの比較的日に焼けることの多い部分にも日焼け止めを使用しておくと予防に効果的です。

そして肌が日に焼けてしまったときには、新陳代謝をよくして早めにケアをすることがおすすめです。