口臭はどのように対策したらいい?まずは口臭の原因を知ろう

口臭

口臭は自分ではなかなか気づかないもの

口臭は自分で感じることが少なく、周りの人の反応を見て気が付くことが多いです。

口臭は口の中の嫌な臭いを指していますが、この臭いは一日を通じてすべて一定ではなく、時間によって臭いのひどさのレベルは異なっています。

特にひどいのは起きたばかりの頃であり、この原因には寝ている間に口の中の細菌が増殖してしまうからです。

口臭の主な原因は2つ

口臭の原因には大きく分けて体に原因がある場合口の中が関係している場合とがあります。

体が関係している場合は消化不良や肝機能障害、糖尿病などがあり、消化不良においては食べたものが胃や腸でとどまってしまうので、腐ったような臭いがしてしまいます。

肝機能障害においては肝臓では様々な毒素などを分解していますが、正常の機能していないと毒素は分解されないためアンモニア臭がしてきますし、糖尿病ではアセトン臭と呼ばれる甘酸っぱい臭いがしてきます。

口の中が大きく関係している場合は舌苔と呼ばれる舌の汚れ、虫歯歯周病が関係します。

舌苔

舌苔は舌の表面にたまっている塊のことであり、歯ブラシで取り除こうとしてもなかなかとることはできません。

舌の表面はでこぼことしており、この部分に食べ物のカスや古い細胞がたまってしまうとこれらを栄養とし、細菌がどんどん繁殖をしてしまいます。

細菌が増殖をするとやがて口の中はねばねばとしさらに取り除くことが難しくなります。

舌苔を取り除くには舌専用のブラシを用いて鏡を見ながら丁寧にこすり落とすようにしてください。

主に舌の奥の方に舌苔はあるので、吐き気をもよおしてしまう場合は息を少し止めると抑えることができます。

歯周病や虫歯

歯周病や虫歯でも同じことが言え、歯を磨いたように思えても実は隙間に磨きのこしが生じていることが多いです。

歯垢はやがて取りにくい歯石へと変化をしていくので、丁寧に磨くことを心がけなくてはなりません。

ドライマウス

なお口の中の環境においてはドライマウスや鼻呼吸も大きく関係しています。

ドライマウスは口の中が常に乾いている状態であり、細菌が繁殖しやすい環境を作っています。

鼻呼吸を意識することにより口の中が必要以上に乾燥することはありませんし、こまめに水分補給を摂ると口の中に湿り気を与えるため細菌は繁殖しにくくなります。

口臭の原因を知り、適切な対策を

口臭は口の中の乾燥や虫歯、歯周病によって細菌が繁殖する場合と、食べ物の影響、さらに肝機能障害や糖尿病などの病気が関係しています。

病気になっていない場合は、ドライマウスになっていないかを確認し、適度に口の中を潤すことが大切です。

【こちらも読まれています】

梅宮アンナさんの魅力とは?
腸活で活躍する善玉菌と悪玉菌、日和見菌はそれぞれどんな菌なの?
グラステムセルの口コミは多くの方が効果あり?ヒト幹細胞コスメでおすすめの美容液